12x

飛行機の予約をする人は旅行に行く人だけではなく、会社の出張で短期間海外に出かけなければならない人もいます。もちろん飛行機代については、会社の規模にもよりますが、多くの場合飛行機を予約するのは自分で行う事かと思います。自分で予約する時には早めのticketを買うとディスカウントがされます。

早期購入割引は各航空会社によって呼び名が変わり、JAL予約では先得、ANAでは旅割、Skymarkでは前割などと言われていますが、いずれにしても早めに予約すれば値段のディスカウントがあります。早割を上手に使えば、最大で通常のチケットよりも約80%もの割引で買えるので早めに手続きを始めるとお得に旅行ができます。

サラリーマンでも前もって航空券を予約するとお得

phm02_0058サラリーマンが海外に出張する前には、自分で航空券を予約しなければならないので、出張の具体的な日付が決まっているならば、前もって予約する必要があります。特に前もって航空券を予約すると早割が適用されるのでチケット代が安くなります。早割の航空券は、予約する時期がはやければはやいほど安く買えますが、一般的には早割の航空券はフライトの21日前までに買うことが目安になります。

しかし、早割に指定されているシートは数が決められているので、できれば1ヶ月前までには予約を終えていたほうが良いでしょう。特にゴールデンウィークや、盆正月の時期にはすぐに席が埋まってしまうので、早割で安く買いたい時には少しでも早くチケットを購入する必要があります。

早割は何日前から予約できるのか

phm02_0112
以前は航空券を予約するときには、2ヶ月前からと決まっていましたが、今では最大で半年前から可能です。さらに、予約の期限は2ヶ月まえから21日前まで決められていて、チケットを早く予約をすればそれだけ割引率も高くなります。しかし、一般の航空会社では早割として決められているのは、フライトの21日前までが期限の限界になります。

早割の予約をするときの注意点として、チケットの値段が格安なため、キャンセルができなかったり、とりけし料が高いので急な予定の変更には合わせられないことです。格安で買えるので予定の変更やキャンセルにも代償が必要なため、十分前もって計画を練ってから申し込むようにしましょう。取り消しする時には、早めに取り消すほどキャンセル料が少ない決まりがあります。キャンセルをする時に、天気が悪くなり欠航した時などは、航空会社が特別に処理してくれるのですぐに連絡するようにしましょう。