飛行機に乗るための航空券の予約の仕方を覚えなければなりませんが、街中にある売っているところに出向いて行って直接予約する方法と、インターネットを使ってトラベル会社のサイトから予約する方法があります。また、インターネットで、直接航空会社のサイトにアクセスして購入することも出来できます。値段や便利さを考えるとどうすることが一番良い方法でしょうか?

街中のトラベル会社に直接出向いて予約する。

旅行者にトラベルのプランを勧めている旅行会社に行って、窓口で航空券が必要な日付を言って、具体的な出発地と目的地を伝えれば係の人がパソコンを操作して航空券を取ってくれます。トラベル会社に出向いて行くメリットは、担当の社員が相談に乗ってくれることで、到着する時間がいつになるのか、真夜中に現地に着きたくない人や、第二の都市を経由すると時間が長くなるので直行便を頼みたい時にはとても便利です。

初めての海外旅行で、航空券の手配や飛行機の旅行に慣れていないときには、街角のトラベル会社で相談すると安心できます。もちろん、航空券を取るのに手数料がかかり、約5000円上乗せされますが、始めて行く海外の旅行で自分がネットでとるよりは、窓口の担当者にいろいろ聴きながら予約することは、お金では買えない安心感があります。

インターネットを使って予約する場合

インターネットを使って航空券を買えば、街中のトラベル会社に出向いて行く必要もないので時間を有効に活用することができます。また、インターネットを使って購入するため、会社のテナント代や人件費がかからないので、航空券をおとくにかうことができます。インターネットで旅行比較サイトを使えば、航空券が買えるたくさんのトラベル会社を一気に比較することができるので、自分が買いたい航空券をすぐにはっけんできることがあります。注意点として、画面上で入力ミスをすると大変なことになり、パスポートの番号が違っているだけでも、空港カウンターで追加料金を払うこともあります。

航空券の料金を出来る限り抑えたい時には、利用する航空会社のサイトから直接予約することもでき、仲介手数料を含まないので安く航空券を買うことができます。最近ではLCCと呼ばれる格安航空券を売り出しているところが増えて、頻繁に割引キャンペーンを実施しているので、かなり安い値段で済ませることができます。しかし、海外の航空会社を利用する場合には、ウェブサイトは全て英語で、日本語での表記をされないこともあるので、簡単な英語が分かることが望ましいでしょう。