休みの日に友達と旅行に行くにしても、サラリーマンが出張するにしても、飛行機を予約する時に手頃な価格で買えるのが激安航空券です。インターネットで激安航空券や格安航空券と検索すれば、関係するサイトが幾つも出てきてすぐに航空券を買うことができます。しかし、激安航空券は値段が安いメリットもありますが、買うときに注意することやデメリットもあるので心に留めておきましょう。

日程が変更出来ないものやキャンセル出来ないものがある

LCCと呼ばれる格安航空券は、日程が変えられないものが多いです。行きの日付と帰りの日付を入力して、飛行機を予約したら変更はできません。前もって予約をしておこうと思い、予約してお金を支払ったものの、後から予定が変わって日付を変更したくてもできません。どうしても変更しときたいときは、チケットをキャンセルして新しく取り直さなければなりません。

LCCは激安であるため、キャンセル料金の払い戻しもできずに、払った代金はドブに捨てることになってしまいます。そのため、激安航空券で飛行機を予約するときには、予定をしっかりと決めましょう。中には、帰りの日程を変えることができる激安航空券もありますが、手数料を支払わなければならず、他の激安航空券と比べても若干価格が高いというデメリットもあります。

激安航空券の割引がなされる期間をよく考える

激安航空券の中には、一年中割引されているものもあれば、期間限定の割引もあるので、毎日チェックしておく必要があります。激安航空券は季節によって大きく変わり、利用客が少なければ9割引きという破格もありますが、繁忙期の人が多い時には割引はなくなり、普段は5割引という感じです。つまり、お盆やゴールデンウイークなど長く休みが取れて、家族で出かける人が多い時期には、激安航空券の価格はさほど安くはありません。場合によっては、航空会社が販売している他の航空券の方が値段もそこそこでサービスがいいことがあるので、きをつけましょう。

また、激安航空券を購入した客については、マイルの貯まり方に違いがあり、格安航空券はマイルが貯まりにくく設定されていて、航空会社によっては全くマイルが貯まらない所もあるため、頻繁に利用しても特典は少ないでしょう。また、激安航空券であれば変更は出来ないので、交通渋滞で空港に着く時間が遅れたときには、午後の便に空いている座席があっても変更してもらうことは困難です。