私は月に3回ほどは東京から北海道に出張に出かけていますが、これまでは航空会社で飛行機を予約してからいつものホテルを予約していました。

でも、飛行機と宿泊のセットで予約すればかなりお得になるという同僚からのアドバイスを聞いて、今回は実際に試してみることにしました。

まずは、泊まりたいホテルを探す

私にとって北海道への出張は、もはや家から会社への通勤のようなもので、特に気合いを入れて出発するといった特別なものではありませんでした。そのため、飛行機もホテルもいつものところがベストだろうと勝手に思い込んでいたのです。

でも、同僚からの「いつも同じじゃ仕事へのモチベーションが下がりませんか」という声に感化され、まずは専門サイトでホテル探しから始めてみることにしました。すると、いつも予約してたホテルのランクより格上のホテルがどんどん出てくるではありませんか。

ラインナップの充実ぶりに大人げなく少しワクワクしながら、その中から朝食付きの宿泊プランがあるホテルを選びました。いつも朝食はコンビニのおにぎりだったので、この時点でもうお得感は十分感じることができていました。

次に、仕事の予定に合わせて飛行機の予約を

ホテルの宿泊プランが決まったら、次は飛行機のチケットの手配です。いっけん便名と時間がずらりと並んでいて何をするのかと思いましたが、難しいことは何もありませんでした。ホテルを選ぶと次のページではもう飛行機の時間の設定です。

私はできるだけ早く現地に着いて仕事がしたかったため、往路は一番早い便を選びました。ただ、復路は直帰するので夕方の便を選ぶつもりが、追加料金の関係で早くても午後7時の便となってしまいました。

本当は早く帰って次の日の仕事までに休息が取れれば言うことなしでしたが、こればっかりは仕方がありませんね。このあたりの融通の利かなさが安さの秘密なのかなと思います。それでも、いつもよりワンランク上のホテルに宿泊できるのは、私にとって大きな魅力でした。

実際に試してみた結果は…

簡単でお得、その一言に尽きます。運が良ければ正規の航空券分の予算で、出張ではなく観光で選ぶようなクラスのホテルに宿泊できます。ホテルを選んだ時点で航空券が予約できる便が絞られるので、自分でタイムスケジュールを綿密に調整する手間も省けます。私が一番気に入ったポイントは、同程度の予算で選べるホテルの数が豊富だったことです。

これなら、マンネリしていた出張も新鮮な気持ちで仕事にも全力投球できそうです。出張だけでなく、これなら観光にも充分に使えるプランだと思います。どうしても飛行機の時間が合わないというときには、追加料金を支払えば調整することが可能です。

決められた予算の中で飛行機での旅をするなら、飛行機プラス宿泊のプランは見逃せないお勧めプランです。