ゴールデンウィークや夏休みなど、子供と大人がまとまった休みが取れる時には、家族で飛行機に乗って海外に旅行に行こうと考える人もいます。海外であれば、飛行機を使うしかありませんが、国内旅行であれば電車を使うこともできます。子供料金の割引額については、飛行機と電車では異なるので、正しい知識が必要です。

幼児と小児によって料金に違いが出る

子供料金については各航空会社や国内線、国際線の区分によっても異なるので、前もって調査しておきましょう。一般的には、幼児(ようじ)とは生まれてから8日目から36ヶ月いたっていない子供を指し、小児とは3才から12才までいたっていない子供です。しかし、LCC格安航空券では、幼児は産まれてから8日から24か月未満までで、小児という区分はなく2才よりうえではすべてにおいて大人料金になるので、子供が多い場合には格安航空は割高になったりすることもあるので気を付けてくださいね。

料金については、搭乗する大人1人に対し、膝の上に2歳までの幼児1人は同じ席という事でお金はふようです。料金が無料になるのはおとな一人につき幼児は一人まで同じ席という事で対応はかのうですが、同伴できるのは、おとな1人に付き2人の幼児までです。しかし、この場合はもう片方の幼児は小児料金をはらって席を取らなければなりません。当然ながら、親が2人揃っていれば、もちろん24か月未満の子供であれば2人まで無料になるので、家族旅行では心配はいりません。

子供料金は電車の料金とは異なる

主な料金の区分は、2歳までの幼児は無料ですが、3歳から11歳までの小児は大人の半額の料金を支払います。そして、12歳以上の子供は一律でおとなの料金を支払う必要があります。学年の区分はありません。そのため、電車に乗る時とは違い小学生だったら12歳でも子供運賃と考えていると大変なことになります。

家族旅行で飛行機を使う時の注意点は、電車に乗るのは異なり、小学生以下では3歳以上なら小児料金が必要になり無料ではありません。そのため、3歳以上の子供を膝の上に乗せることはできず、2人の子供たちを1つの座席に座らせることもできません。子供でも座席が1つ必要になります。もし、小学生以下の子供を何人も連れて国内に家族で旅行する場合には、飛行機を利用するよりも新幹線を使った方が安いかもしれません。さらに、飛行機の大人料金には、キャンペーンで割引が適用されるので、季節によってはいつもの半額以下で旅行することができますが、子供には割引は適用されないので、タイミングにもよりますが子供の方が高くなることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です