海外への飛行機を予約する時の注意点

12x

飛行機の予約をする人は旅行に行く人だけではなく、会社の出張で短期間海外に出かけなければならない人もいます。もちろん飛行機代については、会社の規模にもよりますが、多くの場合飛行機を予約するのは自分で行う事かと思います。自分で予約する時には早めのticketを買うとディスカウントがされます。

早期購入割引は各航空会社によって呼び名が変わり、JAL予約では先得、ANAでは旅割、Skymarkでは前割などと言われていますが、いずれにしても早めに予約すれば値段のディスカウントがあります。早割を上手に使えば、最大で通常のチケットよりも約80%もの割引で買えるので早めに手続きを始めるとお得に旅行ができます。

サラリーマンでも前もって航空券を予約するとお得

サラリーマンが海外に出張する前には、自分で航空券を予約しなければならないので、出張の具体的な日付が決まっているならば、前もって予約する必要があります。特に前もって航空券を予約すると早割が適用されるのでチケット代が安くなります。早割の航空券は、予約する時期がはやければはやいほど安く買えますが、一般的には早割の航空券はフライトの21日前までに買うことが目安になります。

しかし、早割に指定されているシートは数が決められているので、できれば1ヶ月前までには予約を終えていたほうが良いでしょう。特にゴールデンウィークや、盆正月の時期にはすぐに席が埋まってしまうので、早割で安く買いたい時には少しでも早くチケットを購入する必要があります。

早割は何日前から予約できるのか

以前は航空券を予約するときには、2ヶ月前からと決まっていましたが、今では最大で半年前から可能です。さらに、予約の期限は2ヶ月まえから21日前まで決められていて、チケットを早く予約をすればそれだけ割引率も高くなります。しかし、一般の航空会社では早割として決められているのは、フライトの21日前までが期限の限界になります。

早割の予約をするときの注意点として、チケットの値段が格安なため、キャンセルができなかったり、とりけし料が高いので急な予定の変更には合わせられないことです。格安で買えるので予定の変更やキャンセルにも代償が必要なため、十分前もって計画を練ってから申し込むようにしましょう。取り消しする時には、早めに取り消すほどキャンセル料が少ない決まりがあります。キャンセルをする時に、天気が悪くなり欠航した時などは、航空会社が特別に処理してくれるのですぐに連絡するようにしましょう。

安い航空券を買うときの注意点

休みの日に友達と旅行に行くにしても、サラリーマンが出張するにしても、飛行機を予約する時に手頃な価格で買えるのが激安航空券です。インターネットで激安航空券や格安航空券と検索すれば、関係するサイトが幾つも出てきてすぐに航空券を買うことができます。しかし、激安航空券は値段が安いメリットもありますが、買うときに注意することやデメリットもあるので心に留めておきましょう。

日程が変更出来ないものやキャンセル出来ないものがある

LCCと呼ばれる格安航空券は、日程が変えられないものが多いです。行きの日付と帰りの日付を入力して、飛行機を予約したら変更はできません。前もって予約をしておこうと思い、予約してお金を支払ったものの、後から予定が変わって日付を変更したくてもできません。どうしても変更しときたいときは、チケットをキャンセルして新しく取り直さなければなりません。

LCCは激安であるため、キャンセル料金の払い戻しもできずに、払った代金はドブに捨てることになってしまいます。そのため、激安航空券で飛行機を予約するときには、予定をしっかりと決めましょう。中には、帰りの日程を変えることができる激安航空券もありますが、手数料を支払わなければならず、他の激安航空券と比べても若干価格が高いというデメリットもあります。

激安航空券の割引がなされる期間をよく考える

激安航空券の中には、一年中割引されているものもあれば、期間限定の割引もあるので、毎日チェックしておく必要があります。激安航空券は季節によって大きく変わり、利用客が少なければ9割引きという破格もありますが、繁忙期の人が多い時には割引はなくなり、普段は5割引という感じです。つまり、お盆やゴールデンウイークなど長く休みが取れて、家族で出かける人が多い時期には、激安航空券の価格はさほど安くはありません。場合によっては、航空会社が販売している他の航空券の方が値段もそこそこでサービスがいいことがあるので、きをつけましょう。

また、激安航空券を購入した客については、マイルの貯まり方に違いがあり、格安航空券はマイルが貯まりにくく設定されていて、航空会社によっては全くマイルが貯まらない所もあるため、頻繁に利用しても特典は少ないでしょう。また、激安航空券であれば変更は出来ないので、交通渋滞で空港に着く時間が遅れたときには、午後の便に空いている座席があっても変更してもらうことは困難です。

海外旅行でのチケットの買い方

昔は海外旅行というと敷居が高いイメージがありましたが、今ではそんなことはなく、インターネットで簡単に調べて、飛行機も予約して手軽に海外に行けます。とは言え、はじめて海外に行く人はトラベル会社が用意しているパックの旅行ツアーを使う方が負担が少なくて済むでしょう。全て個人で自由に決められる旅行は時間に追われる心配がないので楽しいですが、面倒なことが多いのも事実です。

トラベル会社が初めての海外旅行者に勧めているのが、DynamicPackageで、飛行機とホテルをセットで販売しているので、それぞれに予約するよりも安く済み、一括で予約できるのも便利で利点があります。場所によっては、現地の送迎や現地係員が出迎えに来てくれることもあるので、安心出来るサービスです。

チケットの日付に合わせて海外旅行の計画を練る

海外に行く飛行機を往復で予約した場合には、航空券の有効期限が、28日、30日、60日、90日、180日となり、チケットによっては1年の有効期限が付いている場合もあります。まずは、自分が購入したチケットの利用できる期日を確かめてから、旅行の計画を立てるようにし、一度予約を確定したらそのあとは変更が出来ないので注意しましょう。

特に長い期間に渡って海外旅行をする予定の人は、航空券の日付に合わせて計画を立て、自分が行ってみたい場所を書き出してノートにまとめて行きましょう。しかし、旅行期間が1ヶ月を超えるときには、予備日として2日から3日を何の予定も入れないのが正解です。というのも、海外旅行は思わぬトラブルが付き物なので、車が故障したりして、決めた時間に予定の場所までたどり着かないこともありますし、気に入った場所でもっと長いあいだ滞在を伸ばすこともあるからです。

航空券を予約する前に考えること

一人で海外に旅行する人は、何といっても自由に旅行出来る事がメリットなので、観光する場所や泊まるホテル、食事をするレストランのことは細かく考えずに、大体の日程だけ決めて、旅行する日数を決めておくくらいがちょうどいいでしょう。

計画を立てている時点で、入国する都市と出国する都市がはっきりわかるので、その都市まで飛んでいく航空会社を調べる必要があります。もし、激安航空券やPEX航空券があればすぐに買うようにしましょう。計画は十分の時間を取って練る必要があるので、出発する2ヶ月から3ヶ月前ぐらいには買っておく必要があります。そして、PEX航空券であれば予約が早ければ早いほど安いので、出発日と帰国日が決まったらすぐに購入するようにしましょう。

航空券はどこで買うのがお得か

飛行機に乗るための航空券の予約の仕方を覚えなければなりませんが、街中にある売っているところに出向いて行って直接予約する方法と、インターネットを使ってトラベル会社のサイトから予約する方法があります。また、インターネットで、直接航空会社のサイトにアクセスして購入することも出来できます。値段や便利さを考えるとどうすることが一番良い方法でしょうか?

街中のトラベル会社に直接出向いて予約する。

旅行者にトラベルのプランを勧めている旅行会社に行って、窓口で航空券が必要な日付を言って、具体的な出発地と目的地を伝えれば係の人がパソコンを操作して航空券を取ってくれます。トラベル会社に出向いて行くメリットは、担当の社員が相談に乗ってくれることで、到着する時間がいつになるのか、真夜中に現地に着きたくない人や、第二の都市を経由すると時間が長くなるので直行便を頼みたい時にはとても便利です。

初めての海外旅行で、航空券の手配や飛行機の旅行に慣れていないときには、街角のトラベル会社で相談すると安心できます。もちろん、航空券を取るのに手数料がかかり、約5000円上乗せされますが、始めて行く海外の旅行で自分がネットでとるよりは、窓口の担当者にいろいろ聴きながら予約することは、お金では買えない安心感があります。

インターネットを使って予約する場合

インターネットを使って航空券を買えば、街中のトラベル会社に出向いて行く必要もないので時間を有効に活用することができます。また、インターネットを使って購入するため、会社のテナント代や人件費がかからないので、航空券をおとくにかうことができます。インターネットで旅行比較サイトを使えば、航空券が買えるたくさんのトラベル会社を一気に比較することができるので、自分が買いたい航空券をすぐにはっけんできることがあります。注意点として、画面上で入力ミスをすると大変なことになり、パスポートの番号が違っているだけでも、空港カウンターで追加料金を払うこともあります。

航空券の料金を出来る限り抑えたい時には、利用する航空会社のサイトから直接予約することもでき、仲介手数料を含まないので安く航空券を買うことができます。最近ではLCCと呼ばれる格安航空券を売り出しているところが増えて、頻繁に割引キャンペーンを実施しているので、かなり安い値段で済ませることができます。しかし、海外の航空会社を利用する場合には、ウェブサイトは全て英語で、日本語での表記をされないこともあるので、簡単な英語が分かることが望ましいでしょう。

家族旅行で飛行機を使う時の注意点

ゴールデンウィークや夏休みなど、子供と大人がまとまった休みが取れる時には、家族で飛行機に乗って海外に旅行に行こうと考える人もいます。海外であれば、飛行機を使うしかありませんが、国内旅行であれば電車を使うこともできます。子供料金の割引額については、飛行機と電車では異なるので、正しい知識が必要です。

幼児と小児によって料金に違いが出る

子供料金については各航空会社や国内線、国際線の区分によっても異なるので、前もって調査しておきましょう。一般的には、幼児(ようじ)とは生まれてから8日目から36ヶ月いたっていない子供を指し、小児とは3才から12才までいたっていない子供です。しかし、LCC格安航空券では、幼児は産まれてから8日から24か月未満までで、小児という区分はなく2才よりうえではすべてにおいて大人料金になるので、子供が多い場合には格安航空は割高になったりすることもあるので気を付けてくださいね。

料金については、搭乗する大人1人に対し、膝の上に2歳までの幼児1人は同じ席という事でお金はふようです。料金が無料になるのはおとな一人につき幼児は一人まで同じ席という事で対応はかのうですが、同伴できるのは、おとな1人に付き2人の幼児までです。しかし、この場合はもう片方の幼児は小児料金をはらって席を取らなければなりません。当然ながら、親が2人揃っていれば、もちろん24か月未満の子供であれば2人まで無料になるので、家族旅行では心配はいりません。

子供料金は電車の料金とは異なる

主な料金の区分は、2歳までの幼児は無料ですが、3歳から11歳までの小児は大人の半額の料金を支払います。そして、12歳以上の子供は一律でおとなの料金を支払う必要があります。学年の区分はありません。そのため、電車に乗る時とは違い小学生だったら12歳でも子供運賃と考えていると大変なことになります。

家族旅行で飛行機を使う時の注意点は、電車に乗るのは異なり、小学生以下では3歳以上なら小児料金が必要になり無料ではありません。そのため、3歳以上の子供を膝の上に乗せることはできず、2人の子供たちを1つの座席に座らせることもできません。子供でも座席が1つ必要になります。もし、小学生以下の子供を何人も連れて国内に家族で旅行する場合には、飛行機を利用するよりも新幹線を使った方が安いかもしれません。さらに、飛行機の大人料金には、キャンペーンで割引が適用されるので、季節によってはいつもの半額以下で旅行することができますが、子供には割引は適用されないので、タイミングにもよりますが子供の方が高くなることもあります。