海外への飛行機を予約する時の注意点

12x

飛行機の予約をする人は旅行に行く人だけではなく、会社の出張で短期間海外に出かけなければならない人もいます。もちろん飛行機代については、会社の規模にもよりますが、多くの場合飛行機を予約するのは自分で行う事かと思います。自分で予約する時には早めのticketを買うとディスカウントがされます。

早期購入割引は各航空会社によって呼び名が変わり、JAL予約では先得、ANAでは旅割、Skymarkでは前割などと言われていますが、いずれにしても早めに予約すれば値段のディスカウントがあります。早割を上手に使えば、最大で通常のチケットよりも約80%もの割引で買えるので早めに手続きを始めるとお得に旅行ができます。

サラリーマンでも前もって航空券を予約するとお得

phm02_0058サラリーマンが海外に出張する前には、自分で航空券を予約しなければならないので、出張の具体的な日付が決まっているならば、前もって予約する必要があります。特に前もって航空券を予約すると早割が適用されるのでチケット代が安くなります。早割の航空券は、予約する時期がはやければはやいほど安く買えますが、一般的には早割の航空券はフライトの21日前までに買うことが目安になります。

しかし、早割に指定されているシートは数が決められているので、できれば1ヶ月前までには予約を終えていたほうが良いでしょう。特にゴールデンウィークや、盆正月の時期にはすぐに席が埋まってしまうので、早割で安く買いたい時には少しでも早くチケットを購入する必要があります。

早割は何日前から予約できるのか

phm02_0112
以前は航空券を予約するときには、2ヶ月前からと決まっていましたが、今では最大で半年前から可能です。さらに、予約の期限は2ヶ月まえから21日前まで決められていて、チケットを早く予約をすればそれだけ割引率も高くなります。しかし、一般の航空会社では早割として決められているのは、フライトの21日前までが期限の限界になります。

早割の予約をするときの注意点として、チケットの値段が格安なため、キャンセルができなかったり、とりけし料が高いので急な予定の変更には合わせられないことです。格安で買えるので予定の変更やキャンセルにも代償が必要なため、十分前もって計画を練ってから申し込むようにしましょう。取り消しする時には、早めに取り消すほどキャンセル料が少ない決まりがあります。キャンセルをする時に、天気が悪くなり欠航した時などは、航空会社が特別に処理してくれるのですぐに連絡するようにしましょう。

飛行機での出張にはまとめて予約がお得でした!

私は月に3回ほどは東京から北海道に出張に出かけていますが、これまでは航空会社で飛行機を予約してからいつものホテルを予約していました。

でも、飛行機と宿泊のセットで予約すればかなりお得になるという同僚からのアドバイスを聞いて、今回は実際に試してみることにしました。

まずは、泊まりたいホテルを探す

私にとって北海道への出張は、もはや家から会社への通勤のようなもので、特に気合いを入れて出発するといった特別なものではありませんでした。そのため、飛行機もホテルもいつものところがベストだろうと勝手に思い込んでいたのです。

でも、同僚からの「いつも同じじゃ仕事へのモチベーションが下がりませんか」という声に感化され、まずは専門サイトでホテル探しから始めてみることにしました。すると、いつも予約してたホテルのランクより格上のホテルがどんどん出てくるではありませんか。

ラインナップの充実ぶりに大人げなく少しワクワクしながら、その中から朝食付きの宿泊プランがあるホテルを選びました。いつも朝食はコンビニのおにぎりだったので、この時点でもうお得感は十分感じることができていました。

次に、仕事の予定に合わせて飛行機の予約を

ホテルの宿泊プランが決まったら、次は飛行機のチケットの手配です。いっけん便名と時間がずらりと並んでいて何をするのかと思いましたが、難しいことは何もありませんでした。ホテルを選ぶと次のページではもう飛行機の時間の設定です。

私はできるだけ早く現地に着いて仕事がしたかったため、往路は一番早い便を選びました。ただ、復路は直帰するので夕方の便を選ぶつもりが、追加料金の関係で早くても午後7時の便となってしまいました。

本当は早く帰って次の日の仕事までに休息が取れれば言うことなしでしたが、こればっかりは仕方がありませんね。このあたりの融通の利かなさが安さの秘密なのかなと思います。それでも、いつもよりワンランク上のホテルに宿泊できるのは、私にとって大きな魅力でした。

実際に試してみた結果は…

簡単でお得、その一言に尽きます。運が良ければ正規の航空券分の予算で、出張ではなく観光で選ぶようなクラスのホテルに宿泊できます。ホテルを選んだ時点で航空券が予約できる便が絞られるので、自分でタイムスケジュールを綿密に調整する手間も省けます。私が一番気に入ったポイントは、同程度の予算で選べるホテルの数が豊富だったことです。

これなら、マンネリしていた出張も新鮮な気持ちで仕事にも全力投球できそうです。出張だけでなく、これなら観光にも充分に使えるプランだと思います。どうしても飛行機の時間が合わないというときには、追加料金を支払えば調整することが可能です。

決められた予算の中で飛行機での旅をするなら、飛行機プラス宿泊のプランは見逃せないお勧めプランです。

安い航空券を買うときの注意点

休みの日に友達と旅行に行くにしても、サラリーマンが出張するにしても、飛行機を予約する時に手頃な価格で買えるのが激安航空券です。インターネットで激安航空券や格安航空券と検索すれば、関係するサイトが幾つも出てきてすぐに航空券を買うことができます。しかし、激安航空券は値段が安いメリットもありますが、買うときに注意することやデメリットもあるので心に留めておきましょう。

日程が変更出来ないものやキャンセル出来ないものがある

LCCと呼ばれる格安航空券は、日程が変えられないものが多いです。行きの日付と帰りの日付を入力して、飛行機を予約したら変更はできません。前もって予約をしておこうと思い、予約してお金を支払ったものの、後から予定が変わって日付を変更したくてもできません。どうしても変更しときたいときは、チケットをキャンセルして新しく取り直さなければなりません。

LCCは激安であるため、キャンセル料金の払い戻しもできずに、払った代金はドブに捨てることになってしまいます。そのため、激安航空券で飛行機を予約するときには、予定をしっかりと決めましょう。中には、帰りの日程を変えることができる激安航空券もありますが、手数料を支払わなければならず、他の激安航空券と比べても若干価格が高いというデメリットもあります。

激安航空券の割引がなされる期間をよく考える

激安航空券の中には、一年中割引されているものもあれば、期間限定の割引もあるので、毎日チェックしておく必要があります。激安航空券は季節によって大きく変わり、利用客が少なければ9割引きという破格もありますが、繁忙期の人が多い時には割引はなくなり、普段は5割引という感じです。つまり、お盆やゴールデンウイークなど長く休みが取れて、家族で出かける人が多い時期には、激安航空券の価格はさほど安くはありません。場合によっては、航空会社が販売している他の航空券の方が値段もそこそこでサービスがいいことがあるので、きをつけましょう。

また、激安航空券を購入した客については、マイルの貯まり方に違いがあり、格安航空券はマイルが貯まりにくく設定されていて、航空会社によっては全くマイルが貯まらない所もあるため、頻繁に利用しても特典は少ないでしょう。また、激安航空券であれば変更は出来ないので、交通渋滞で空港に着く時間が遅れたときには、午後の便に空いている座席があっても変更してもらうことは困難です。

海外旅行でのチケットの買い方

昔は海外旅行というと敷居が高いイメージがありましたが、今ではそんなことはなく、インターネットで簡単に調べて、飛行機も予約して手軽に海外に行けます。とは言え、はじめて海外に行く人はトラベル会社が用意しているパックの旅行ツアーを使う方が負担が少なくて済むでしょう。全て個人で自由に決められる旅行は時間に追われる心配がないので楽しいですが、面倒なことが多いのも事実です。

トラベル会社が初めての海外旅行者に勧めているのが、DynamicPackageで、飛行機とホテルをセットで販売しているので、それぞれに予約するよりも安く済み、一括で予約できるのも便利で利点があります。場所によっては、現地の送迎や現地係員が出迎えに来てくれることもあるので、安心出来るサービスです。

チケットの日付に合わせて海外旅行の計画を練る

海外に行く飛行機を往復で予約した場合には、航空券の有効期限が、28日、30日、60日、90日、180日となり、チケットによっては1年の有効期限が付いている場合もあります。まずは、自分が購入したチケットの利用できる期日を確かめてから、旅行の計画を立てるようにし、一度予約を確定したらそのあとは変更が出来ないので注意しましょう。

特に長い期間に渡って海外旅行をする予定の人は、航空券の日付に合わせて計画を立て、自分が行ってみたい場所を書き出してノートにまとめて行きましょう。しかし、旅行期間が1ヶ月を超えるときには、予備日として2日から3日を何の予定も入れないのが正解です。というのも、海外旅行は思わぬトラブルが付き物なので、車が故障したりして、決めた時間に予定の場所までたどり着かないこともありますし、気に入った場所でもっと長いあいだ滞在を伸ばすこともあるからです。

航空券を予約する前に考えること

一人で海外に旅行する人は、何といっても自由に旅行出来る事がメリットなので、観光する場所や泊まるホテル、食事をするレストランのことは細かく考えずに、大体の日程だけ決めて、旅行する日数を決めておくくらいがちょうどいいでしょう。

計画を立てている時点で、入国する都市と出国する都市がはっきりわかるので、その都市まで飛んでいく航空会社を調べる必要があります。もし、激安航空券やPEX航空券があればすぐに買うようにしましょう。計画は十分の時間を取って練る必要があるので、出発する2ヶ月から3ヶ月前ぐらいには買っておく必要があります。そして、PEX航空券であれば予約が早ければ早いほど安いので、出発日と帰国日が決まったらすぐに購入するようにしましょう。

航空券はどこで買うのがお得か

飛行機に乗るための航空券の予約の仕方を覚えなければなりませんが、街中にある売っているところに出向いて行って直接予約する方法と、インターネットを使ってトラベル会社のサイトから予約する方法があります。また、インターネットで、直接航空会社のサイトにアクセスして購入することも出来できます。値段や便利さを考えるとどうすることが一番良い方法でしょうか?

街中のトラベル会社に直接出向いて予約する。

旅行者にトラベルのプランを勧めている旅行会社に行って、窓口で航空券が必要な日付を言って、具体的な出発地と目的地を伝えれば係の人がパソコンを操作して航空券を取ってくれます。トラベル会社に出向いて行くメリットは、担当の社員が相談に乗ってくれることで、到着する時間がいつになるのか、真夜中に現地に着きたくない人や、第二の都市を経由すると時間が長くなるので直行便を頼みたい時にはとても便利です。

初めての海外旅行で、航空券の手配や飛行機の旅行に慣れていないときには、街角のトラベル会社で相談すると安心できます。もちろん、航空券を取るのに手数料がかかり、約5000円上乗せされますが、始めて行く海外の旅行で自分がネットでとるよりは、窓口の担当者にいろいろ聴きながら予約することは、お金では買えない安心感があります。

インターネットを使って予約する場合

インターネットを使って航空券を買えば、街中のトラベル会社に出向いて行く必要もないので時間を有効に活用することができます。また、インターネットを使って購入するため、会社のテナント代や人件費がかからないので、航空券をおとくにかうことができます。インターネットで旅行比較サイトを使えば、航空券が買えるたくさんのトラベル会社を一気に比較することができるので、自分が買いたい航空券をすぐにはっけんできることがあります。注意点として、画面上で入力ミスをすると大変なことになり、パスポートの番号が違っているだけでも、空港カウンターで追加料金を払うこともあります。

航空券の料金を出来る限り抑えたい時には、利用する航空会社のサイトから直接予約することもでき、仲介手数料を含まないので安く航空券を買うことができます。最近ではLCCと呼ばれる格安航空券を売り出しているところが増えて、頻繁に割引キャンペーンを実施しているので、かなり安い値段で済ませることができます。しかし、海外の航空会社を利用する場合には、ウェブサイトは全て英語で、日本語での表記をされないこともあるので、簡単な英語が分かることが望ましいでしょう。

家族旅行で飛行機を使う時の注意点

ゴールデンウィークや夏休みなど、子供と大人がまとまった休みが取れる時には、家族で飛行機に乗って海外に旅行に行こうと考える人もいます。海外であれば、飛行機を使うしかありませんが、国内旅行であれば電車を使うこともできます。子供料金の割引額については、飛行機と電車では異なるので、正しい知識が必要です。

幼児と小児によって料金に違いが出る

子供料金については各航空会社や国内線、国際線の区分によっても異なるので、前もって調査しておきましょう。一般的には、幼児(ようじ)とは生まれてから8日目から36ヶ月いたっていない子供を指し、小児とは3才から12才までいたっていない子供です。しかし、LCC格安航空券では、幼児は産まれてから8日から24か月未満までで、小児という区分はなく2才よりうえではすべてにおいて大人料金になるので、子供が多い場合には格安航空は割高になったりすることもあるので気を付けてくださいね。

料金については、搭乗する大人1人に対し、膝の上に2歳までの幼児1人は同じ席という事でお金はふようです。料金が無料になるのはおとな一人につき幼児は一人まで同じ席という事で対応はかのうですが、同伴できるのは、おとな1人に付き2人の幼児までです。しかし、この場合はもう片方の幼児は小児料金をはらって席を取らなければなりません。当然ながら、親が2人揃っていれば、もちろん24か月未満の子供であれば2人まで無料になるので、家族旅行では心配はいりません。

子供料金は電車の料金とは異なる

主な料金の区分は、2歳までの幼児は無料ですが、3歳から11歳までの小児は大人の半額の料金を支払います。そして、12歳以上の子供は一律でおとなの料金を支払う必要があります。学年の区分はありません。そのため、電車に乗る時とは違い小学生だったら12歳でも子供運賃と考えていると大変なことになります。

家族旅行で飛行機を使う時の注意点は、電車に乗るのは異なり、小学生以下では3歳以上なら小児料金が必要になり無料ではありません。そのため、3歳以上の子供を膝の上に乗せることはできず、2人の子供たちを1つの座席に座らせることもできません。子供でも座席が1つ必要になります。もし、小学生以下の子供を何人も連れて国内に家族で旅行する場合には、飛行機を利用するよりも新幹線を使った方が安いかもしれません。さらに、飛行機の大人料金には、キャンペーンで割引が適用されるので、季節によってはいつもの半額以下で旅行することができますが、子供には割引は適用されないので、タイミングにもよりますが子供の方が高くなることもあります。

簡単で役に立つビジネスツアー

簡単で役に立つビジネスツアー

国内出張に行くときに経費を削減するようにと上層部からの指示を受けていたので安くて簡単な方法を探すことにしました。

飛行機を予約する必要があったのですが、旅行に行くのと同じ方法で取ろうとして踏みとどまった結果として巡り会えたのがビジネスツアーでした。

安く予約するための格安航空券選び

国内旅行に行くときにはいつも飛行機の予約は早期割引を利用していました。
航空会社によってタイミングは違いますが、二ヶ月程度前までに購入まで済ませてしまえば破格で航空券が手に入ります。大抵は旅行の場合には出発日も旅程も決まっていたので、これを利用するのが手軽で最安だという認識を持っていました。

出張のときにも同じように手配しようと思ったのですが、出張が決まったときには既に一ヶ月を切っていたので早期割引ではそれほど安くならないとわかったのです。それでも正規料金よりは安いから良いかとも思ったのですが、上層部からの節約のお達しのことを考えるともう少し安く行ける方法はないかと模索してみる気力が湧いてきました。

ビジネスツアー予約が安くて簡単

出張に行くと決まってから調べて見つけたのはビジネスツアーでした。ホテルと航空券がセットになっているものであり、比較的安めで交通の便が良いビジネスホテルが同時に予約できるのが魅力的な点です。

計算してみると金額的にもその時点で航空券とホテルを別々に予約するよりも2割程度安くなることがわかり、これを利用するのが最適だと感じました。航空券だけ予約するとまた別にホテルを予約して、出張の度にそんなに手間はかけたくないと考えていたので、それ以降はずっと飛行機を利用する出張のときにはビジネスツアーを利用しています。

ツアーに申し込むだけで出張準備が整うという点でとても手軽な方法と言えるでしょう。

早い方が安いのはビジネスツアーも同じ

ビジネスツアーを申し込むときにも早い方が良いということはその後も利用を続けたことでよくわかりました。
飛行機の予約と同じように早期割引があるツアーもありますが、それよりも繁忙期に近いと通常の旅行客も利用するようで候補が減ってしまうからです。特にホテルの選択肢が減ってしまったり、指定できる飛行機の出発時刻が限られてしまったりすることがよくありました。

かなり出発日が近くなってからもいくつかは候補で見つけられることが多いので利用価値は高いのですが、出張が決まったらすぐに予約した方が良いというのが実感です。
ただ、ビジネスツアーを利用すると決めてしまっておくと本当に手間がかからずに経費に負担をかけないで済むのは嬉しい点でしょう。

出張に向けて変えた検索サイト

出張に向けて変えた検索サイト

学生時代からずっと同じ飛行機の検索サイトを利用して便を選んで予約していました。しかし、社会人になって出張のための航空券を予約することになって他の検索サイトを利用しなければならないことに気づいたのです。

学生時代に選んだ検索サイトの特徴

飛行機で旅行に行くのは学生時代からよく行っていたことであり、国内でも海外でも同じ検索サイトを利用していました。使い勝手の良さと安さがそのサイトの魅力です。
発着時刻まで細かく決めて検索をかけられるので、自分の考えている日程に合わせてフライトを選びやすいのが最大の魅力であり、そのまま予約サイトにリンクがつながっているので購入するまでの手続きも簡単でした。

また、他のサイトに比べたメリットとしてしばしばクーポンが提供されて安くフライトを予約できるというメリットがあったのです。しかし、出張をする段階になって問題になったのは領収書が発行されないという点でした。その分のコストカットをしている検索サイトだったのです。

領収書が発行されるサイト選び

出張で必要になった航空券の費用を支給してもらうためには領収書が不可欠なのが私が勤めている会社のルールです。
むしろそれがないと出張そのものが成立しなくなってしまうので、飛行機での出張のときには注意しなければなりませんでした。新人のオリエンテーションの時点でそれを伝えられていたので失敗はしませんでしたが、使い慣れた検索サイトから他に切り替えなければならなかったのは事実です。

調べてみると他のサイトではほとんどのケースで領収書が発行されるとわかりました。そのため、特に悩む必要もなく検索のしやすさを優先して検索サイトを選んで利用しています。クーポンの発行はないので安くはなりませんが、それは出張だから良いという判断にして諦めました。

手を抜きたいからこそ利用する旅行会社

会社が費用を持つという視点ができてからは、検索サイトすらも使用しなくなりました。安くて想定した時間通りのフライトを検索するにはそれなりに骨が折れるので、毎月のように出張に行っていると面倒に感じるようになったのです。

同僚に相談してみたところ、彼は旅行会社を利用しているということがわかりました。電話かメールで連絡すればすぐに対応してもらえて、一つか二つ程度の候補を挙げてくれるので簡単に決められます。

自分でしっかりと他と比較しているわけではないので本当に安いのかどうかはわかりませんが、わずか数分の手続きで飛行機の予約が終わり、領収書も確実に発行されるのが魅力です。手を抜きながら確実な予約ができるので最近は専ら旅行会社に依頼して予約しています。

初めての飛行機出張を選んだときのミス

初めての飛行機出張を選んだときのミス

毎月のように出張に出かけていたものの飛行機を利用するのは初めてでした。プライベートでも予約を取ったことがなかったので旅行代理店に行って手配をしてもらうことにしましたが、そのときに重大なミスを一つしてしまったのです。

よく調べずに行った飛行機予約

出張を命じられて初めて飛行機の予約を取るときには自分で行うのが不安だったので旅行代理店に行きました。オンライン予約ができることは知っていましたが、取るのに失敗してしまうリスクがあると考えて、出張だということを告げて旅行代理店で一通りの手続きをしてもらったのです。出張の予定は決まっていたので、その場でフライトを決めてしまい、料金も支払ってチケットの発行も終えました。領収書もしっかりと手に入れたので事務手続き上もこれで問題はないと安心していましたが、トラブルはやってきたのです。相手先の都合があって飛行機を変更しなければならなくなりました。一日早く到着して打ち合わせをする必要が生じてしまったのです。

チケットの予約の変更ができない

飛行機のチケットを既に発券してしまっていたことに加えて、早めの予約で割引価格になっていたのでもともと予約の変更ができないちけっとになっていました。そのため、一日早く行こうとするとキャンセルして新たに飛行機の予約をし直さなければならないとわかったのはそのときです。旅行代理店で話をしたときにも予約の変更はできませんと説明されていたので、今更変更はできないだろうとは思っていましたが、念のため電話をかけてみたもののあえなく断られてしまいました。チケットの変更ができないのが当然だろうという思い込みがあってこのような選択をしてしまいました。しかし、実際には直前まで発券しなければ予約変更ができるものもあってミスをしたと感じたのです。

事務手続きで処理してもらえてセーフ

自腹でチケットを取り直して出張しなければならないのではないかと焦りました。予め予約変更ができるようにしておいてチケットをぎりぎりに発券すれば良かった話だからです。しかし、事務に相談してみたところ、相手方の理由で想定できなかった出張の変更という扱いにしてキャンセル料を含めて経費で処理してくれるということになって安心しました。会社には負担をかけてしまいましたが、あらためて旅行代理店に行ってキャンセル手続きと新しい予約をして無事に出張に行くことができたのです。そのときには既に出発が近かったので予約の変更ができるチケットしか販売していませんでした。今度出張に行くときには変更できるチケットを手配して柔軟に対応できるようにしておこうと思っています。

飛行機の出張予約で失敗しない方法

飛行機費用を出張経費にするのに大切なこと

飛行機で始めて出張に行ったときに予約の仕方を誤ってしまって経費にできないトラブルに陥りました。そのときの経験から必ず会社の経理担当に確認してから適切な方法で航空券を手配するようにして失敗を回避しています。

会社の命令で行くなら出張経費にする

飛行機の予約をするタイミングとして会社から出張命令が下されたときというのはよくあるでしょう。
会社に就職して初めて飛行機での出張を言い渡されたときに、自分で航空券を手配して行くことになりました。そのときにいつも自分で旅行手配をするときと同じようにして、インターネットを利用して格安航空券を手配して行ってしまったのですが、最終的に立替払の精算をするときに経費にできない状況に陥ってしまったのです。

予約をインターネット経由で行って必要書類が整えられなかったのが問題でした。見積書、旅程表、領収書、航空券の半券かそれに相当するものを揃えるように社内規定に書いてあったのに気づかなかったのが失敗の原因だったのです。

経理に相談して以降は解決

そのときは結局自腹になってしまいましたが、一度失敗したお陰でそれ以降は確実に経費にすることができています。予約手配の方法について経理に聞いたところ、旅行代理店を通せば確実だという話だったのでそれに従って出張手配を行っているのが現状です。

旅行代理店に航空券の手配をしてもらうのはやってみると簡単であり、電話をかけていつどこに行って、いつ帰ってきたいのかを伝えれば候補を挙げてもらえます。特にいつも利用している代理店では、それだけ告げればその日のうちに一覧をメールで送ってきてくれるので、それに返信をするだけで手配は終わってしまいます。
必要な書類も正しく準備してもらえるので心配はなく安心して利用できています。

ネット予約でも書類は揃うと判明

今はもう旅行代理店を利用するのに慣れているので出張のときにインターネットを使って予約はしていませんが、同僚がインターネット予約を利用していると知って話を聞いてみました。

すると、予約の際に出てくる旅程画面を旅程表代わりとして扱ってもらえたり、サイトの運営側に問い合わせると見積書や旅程表を発行してくれたりするという事実がわかったのです。予め知っていれば自分も最初の出張を自腹にせずに済んだのにと悔しいが、初めてのことなのに自分で全てを解決しようとしたためだと自分に言い聞かせています。
利用すると確実で便利ですが、24時間いつでも予約できるメリットがあるネット予約でも問題なく書類は整うのです。